ヒートアイランドの東京でエコを考える

in ソーラーパネルを東京に設置

東京というと、日本の中心部であり、多くの人が集まる場所です。
そして、多くのオフィスビルが立ち並び、街は冬でも暖かいと言われるぐらい
の暖かさがあります。
一時期は、東京ビル街や駅前などをヒートアイランドと呼んでいました。
そんなヒートアイランドである場所で、少しでも自然環境のことに配慮しなければ
なりません。
特に企業は率先して、自然環境に努めることをしなければならないのです。
ゆえに、二酸化酸素を抑制する太陽光発電の設置をすることで、エコな生活が
できるのです。
また、大震災以来、原発の災害によって電気が不足になりました。
電力不足となっては、企業も成り立ちません。
そこで、太陽光発電を設置することで、その電気の問題を解決へと導こうとしています。
確かに、企業が率先して設置すれば、世帯は太陽光発電をつけようかと検討します。
まずは、企業がお手本となり、自然環境を考えていかねばならにのです。
エコを考えるのであれば、電気を発電する太陽光発電です。