国分寺市でつけるときに、意識した事

in ソーラーパネルを東京に設置

消費税が上がるとか、円高が止まらないとか、個人的な経済状況にとってもいいことがあまり無いので、自分の身を守るために、いろいろな事を調べていました。
すると、毎日の生活に欠かせないエネルギーを自分で作り出すという太陽光発電に目が行きました。null
ただ、私の暮らしている国分寺市の場合、国や東京都からは補助金が出ますが、国分寺市からは、出ません。
そう考えると、他の地域に暮らしている人より、イニシャルコストがかかる計算になります。
とはいえ、先のことを考えれば、ランニングコストのほうが大切です。
そこで、私自身が太陽光発電を国分寺市でつけるときに、意識した事はシステムの寿命です。
家には数十年とかのスパンで住み続けるわけですが、システムのメンテナンスがフリーなのは10年間とかです。
ですから、信頼の出来る業者を見つけ出し、リサーチしてシミュレーションをしてみて、補償のある10年間で、どれだけ取り返せるかを、考えました。
結果としては、幸い、私の家の場所なら方角とパネルを考えれば、国と都の補助金だけでも、十分に取り返せる事がわかりました。
それで、太陽光発電を国分寺市でつけることを決断しました。
このように、目先の補助金や、金額に左右されず、しっかりと寿命やメンテナンスの補償を視野に入れて、損をしてしまう事がないかどうかを、意識する事が大切なんですよね。
これによって、招待の不安が和らぎ、安心して暮らす事が出来ています。