東京のビルの屋上に設置しよう

in ソーラーパネルを東京に設置

東京には至る所にビルがあります。
皆さんはビルの屋上に目をやったことはありますか?ほとんどのビルの屋上は、空き地同然の空きスペースです。
ここに太陽光発電機を設置したら、相当な電力をまかなえると思いませんか?しかし、ビルのオーナーから見ると、とんでもない金額が必要になります。
大きなビルをたくさん所有しているオーナーであれば自分のお金で太陽光発電機を設置し、そのビルの電力の足しにできるかもしれませんが、小さいビルのオーナーの方々では無理があるかもしれません。null
しかし、政府がきちんとした電力政策を立て、都内の多くのビルの屋上で電力をまかなうことを推進すれば、政府からも補助金が出て、小さなビルのオーナーの負担も減らすことができるかもしれません。
また、小さなビルのオーナーはお互いに共同で太陽光発電機を設置し、電力会社が買い取ってくれた電力を売り上げのように共同の銀行口座に貯金し、さらにビルのオーナーを引き込み、規模を拡大できるかもしれません。
今、原発の危険性が叫ばれており、しかし、原発は発電量が大きいことから、そう簡単に取りやめるわけにはいきません。
火力発電に再度注力すると、石油の輸入量が増え、コスト高になることが目に見えています。
電力の今後は、ありあまる自然エネルギーをいかにうまく活用するか、だと思います。
これから少子高齢化社会を迎えますが、電力の需要は減ることはないでしょう。
老人が増えれば、暖房費も今まで通り必要です。
つまり、電力は今まで通り必要になるわけです。
その必要となる電力を少しでもまかなうために、ぜひ都内のビルの屋上に太陽光発電機を設置し、クリーンな電力を生み出し、電力政策の一助にしたいと思います。