東日本大震災と小規模発電

2011年3月11日に東日本大震災によって、大規模な被害が出てしました。
それは東北を中心とした東日本だけでなく、東京・大阪を始め西日本にも大きな影響を与えてしまったのです。
その一つが電力を挙げることができます。
大規模な地震は東日本だけでなく大阪まで揺れたのです。
その地震によって日本全国の多くの火力発電や原子力発電の安全装置か稼動してストップしてしまいました。
それが原因で日本全国に急激な電力不足に陥ってしまいました。
被災地以外にも多くの混乱を招いてしまったことは多くの国民の脳裏に今も残っています。
この教訓を活かすべきなのです。
従来の火力発電・原子力発電という大規模発電は、それはそれで一箇所で大量の発電を行ってくれるメリットがあります。
しかし、大規模発電には大規模だからこそ、事故を起こしてしまうと大きな損害を出してしまうのでどうしても安全装置をかけておく必要があるのです。
そのため、東日本大震災のように同時にいくつかの発電所が停止してしまうことも今後もありえ、大規模な停電を招いてしまう可能性があるのです。
このような状況を抑えるためには、小規模発電も取り入れていく必要があるはずです。
小規模発電では一つ一つの発電量は決して高くはありませんが、その分数を多く設置することで大量の発電を生むことができます。
何らかのトラブルになっても大きな損害になることも少ないのです。
そのため、東日本大震災のような大規模震災が起こっても、すぐに発電することができるので、大震災によって起こる広範囲の混乱を避けることができるのです。
その分、日本全国で被災地への支援に力を入れることができますし、また、被災地に小規模発電が残っていればそれで発電することで、被災地にいる被災者の生活の支援にも繋がることができるのです。
その小規模発電とあまり聞きなれない人も多いでしょうが、その代表格といえば太陽光発電を挙げられます。
この太陽光発電を取り入れている家庭は増えているのです。