パネルを屋根に設置することが多い太陽光発電

安全性が高いため、太陽光発電パネルを家庭で設置することが多いです。
価格的にも比較的家庭でも購入することのできる値段でもあるのも一つの理由といえるでしょう。
もちろん、家庭だけでなく行政や企業でも積極的に取り入れているところも多いです。
その設置する場所といえば、誰もが一番に思い浮かべるのが屋根です。
なぜ屋根に設置することが多いかといえば、建物の中で一番日光が当たる場所だからです。
いくら太陽光発電パネルを設置したとしても、そこに太陽光が当たらなければ意味がありません。
少しでも発電量を増やそうとするのならば、必然的に屋根の上が多くなるのです。
特に太陽光が多く当たる南側に設置することが基本といえます。
また、多くの屋根では平面状の部分が多いです。
太陽光発電パネルは折り曲げることができないものが多いため、必然的に平面なところに立地するのが適しているのです。
このように、太陽光発電パネルを設置できるのは太陽光が少しでも当たり、平面である屋根に設置されることが多いのです。
他にも、屋根で何かを利用するということは少なく、邪魔にならないことも理由に挙げられるかもしれません。
でも、全ての屋根に太陽光発電パネルの設置に適しているかと言えば、そうではないのです。
たとえば、周囲に高い崖や山、そしてビルなどの建築物などがあって屋根に太陽光が当たらない一戸建て住宅は決して少なくありません。
そこに太陽光発電パネルを設置しても発電効率が悪いだけです。
そのため、太陽光発電パネルを設置するのは屋根が多いですが、そればかりに固執する必要はありません。
同じ屋根でも駐車場の屋根に設置するほうが効率的であったりするケースもあるのです。
企業のなかには屋根ではなく干拓地や農地を買い取って、その土地に太陽光発電パネルを設置することも多くあります。
きちんと太陽光発電パネルの特性とそれぞれの事情を把握しながら、適切な場所に設置することが何よりも大切なことです。