減災という考え方

東日本大震災を契機に日本国民の多くは防災意識が高まりました。
その一環として太陽光発電パネルの設置の増加を挙げることができます。
東日本大震災は想定外の震災だと言われていますが、その一方南海トラフ地震や首都直下型地震は近い将来必ず起こると言われています。
そのためにも、一人一人の防災意識を高めておくことが大切です。
東日本大震災では多くの教訓を得ることができました。
その一つには、自然の災害は人類の力だけで被害をゼロにすることができないことです。
被害をゼロにできるという考えが被害を大きくなったと言われています。
しかし、被害をゼロにすることはできませんが、被害をゼロに近づけていくことは可能なのです。
つまり、減災という考え方です。
今後は国民一人一人が自然の災害を少しでも軽減させていけるように心がけることが大切となります。
その一つが太陽光発電パネルの設置の普及なのです。
多くの家庭や企業・行政で太陽光発電パネルが設置されていれば、大規模災害に見舞われても電力不足に陥ることを防ぎ、すぐに被害の大きかったところへ支援することができます。
また甚大な被災地でも太陽光発電があれば、電線が切断されていたとしてもその場で電力を生み出し、家電や自動車を利用することも可能となります。
このように甚大な被害に見舞われても、被災地内外からすぐに復興できるように進めることができ、災害の被害を減らす減災が可能となります。
もちろん、太陽光発電だけが防災ではありませんが、多くの防災対策というのは個人ではできないものです。
個人で防波堤を作ることはできません。
だからこそ、自宅に太陽光発電パネルを設置することはもちろん、耐震性・耐火性を高めたり、すぐに非難することのできる防災バックなどを用意したり、そのような対応をとっていくべきなのです。
そのように一軒一軒が適切に災害に対して備えておけば、どんな災害に見舞われても適切に対処して被害を最小限に抑えることができます。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>