大震災と太陽光発電のメリット

東日本大震災によって注目を浴びている小規模発言の代表格とも言える太陽光発電ですが、多くのメリットを秘めているのです。
震災を中心に見て、まず一番に挙げるべきメリットには石油・石炭を必要としないことがあります。
東日本大震災が起こってから数日は日本全国でガソリンや灯油が不足してしまいました。
そのため、全国から被災地へ向かう自動車を動かすことができず、支援が遅れた経緯があります。
発電所が止まり電気も使えずにガソリンや灯油も不足していた被災地では、暖房器具や家電や自動車を動かすこともできずに苦しんでいました。
しかし、もしも太陽光発電が全国に普及しておけば、大震災が起こって火力発電・原子力発電が停止していても被災地では太陽光発電で全てとは言わないまでも最低限をカバーすることができます。
さらに、電気自動車であればある程度の距離を移動することもでき、被災者の負担を大幅に減らすことができたのです。
また原子力発電も火力発電もどちらも燃料を海外に依存しているのが現状です。
海外に依存しているため、燃料費が国際問題で乱高下して経済的に影響を与えますが、太陽光発電ではそれを気にすることもなくなります。
そして、燃料を利用していないため安全性が高いのもメリットと言えます。
火力発電や原子力発電と違って暴発する危険性がないため、制御する必要もほとんどありません。
大震災などが起こったときも、停止させて安全点検する必要もなく、火力発電・原子力発電が安全点検と停止されているときも発電することができます。
その安全性が新たなメリットを生むのです。
それは、それぞれの家庭でも安心して設置することができるというメリットです。
危険性のない太陽光発電は知識のない人でも簡単に扱うことができます。
安全性が高いため、制御することもないのでどんな家庭でも普及することができます。
そのため、多くの家庭で太陽光発電パネルを設置しているところが増えているのです。