太陽光発電に使われる電池の仕組み

in 太陽光発電でお得

現在、発電には火力発電と原子力発電が多く使われています。
これらは発電の効率が大きいため、電力が大量に必要な社会には欠かせない発電方法ともいえますが環境を汚染したり健康への問題が取り上げられるなど問題も持っています。
近年はこれらの発電方法に替わるクリーンなエネルギー発電が注目されており、中でも太陽光発電は自然に無限に存在する太陽光を資源にしている環境にやさしい発電法として関心が集まってきました。
太陽光発電は太陽光を電池に当てることで電力を作ります。
どんな仕組みで発電が起こるのでしょう。
まず電池の半導体に太陽光が当たると半導体にプラスとマイナスの原子が発生します。
プラスとマイナスはそれぞれ半導体の両極に移動します。
この際に両極の間に電圧が発生します。
これが電気のもとです。
この電気はそのままでは使えませんから、接続箱を経由して私達が使える電気に変換して贈られます。
自家発電することになるので電力会社から電気を買わずにすみます。

get( 'keyword', 1 ) ?>
get( 'comment', 1 ) ?>